*ホエールスイム参加にあたっての注意事項=必ず目を通しておいて下さい。

ツアー参加、乗船に追て

ツアー参加、乗船について

 

■現在、病気や怪我などなく健康な方が対象です。

 

■乗船前に免責同意書とメディカルチェックの記入をお願い致します。

 

■ツアー当日、体調不良や発熱などの症状がある場合は乗船は出来ません。

 

■二日酔い、当日にアルコールを摂取し体内にアルコールが残っている場合は乗船をお断り致します。

 

■参加はダイビングCカードもしくはスキンダイビングやフリーダイビング有資格者のみとなります。

 

■フィン、マスク、シュノーケルの脱着を自身で出来る事が条件となります。

 

■ツアー中の急な天候不良や怪我人が出た場合などはツアーを中止し帰港する事がございます。

 

■スクーバ器材を使っての潜水は出来ません。

 

■ロングフィンの使用はご遠慮ください。

 

船上注意の説明を出港前にスタッフが行いますので、しっかりとお聞きください。

ホエールスイムについて

ホエールスイムは鯨の水中行動を シュノーケリングにて水面から観察し ます。泳いで追いかけたり素潜りは

禁止となっております。

鯨を見つけたら・・・♪まずスイム出来る状況かを船長が判断致します。 スイムが出来そうな鯨であればエントリーの準備を開始です。

 

注意事項

■突然の揺れがある場合があります。フィンとマスクの装着は座るか手すりなどに掴まりながら行う。

■装着後は座るか手すりに掴まってエントリーの合図を待ってください。

■スタッフの合図があったら速やかに静かにエントリーしてください。

■船の下に入り込まないようエントリー後は船から速やかに離れてください。

■エントリーしたらまずスタッフの所に集まってください!スタッフより前に出ないようにしてください。

■鯨の位置などを船上スタッフや水中ガイドが案内しますので、たまに顔をあげましょう。

■鯨を泳いで追いかける行為は絶対にしないでください。鯨は体の割にとても臆病な生き物です。

■水面でフィンをバタバタさせ音を立てる行為はしないでください。

■子鯨を連れている母鯨はとても神経質になっています。子鯨を追いかける事などはしないでください。

■スタッフの指示に従っていただけない場合は入水禁止宣告させていただく場合がございます。ご了承ください。

鯨の水中観察の楽しみ方♪

カメラをお持ちのお客様。 感動の瞬間を逃さぬよう 最高の一枚を♪

 

注意事項

■カメラなど落とさないよう気をつけてください。水深が深いので拾いに行けません。

■GoProの棒は伸ばさないでご利用ください。(他の方の写真への映り込み防止) ■泳いで通り過ぎてしまった鯨を追いかけないでください。

■鯨の背後に入る行為はしないでください。尾びれで叩かれる可能性があります。

■水面で暴れている(アクションを起こしている)鯨には近づかないでください。

■鯨から近づいてきた場合はゆっくりと離れてください。

■息継ぎの為に鯨が浮上してくる場合があります、鯨の真上に止まらないようにしてく ださい。 ■触れる距離に鯨が来た場合でも触ったりしないようにしてください。鯨の体には数多 くのフジツボが付いており触ると怪我をする可能性があります。

■海へ入ったりボートに上がったりを短時間に繰り返す事があります、疲れた場合は無 理せず休憩をしてください。■

☝ one point💡 これまでの経験上、泳がない方がじっくり鯨を観れる確率高いです。

泳ぎたくなる気持ちはすごくわかるのですが、ここはジッと我慢です!浮いてるだけが ベストです!鯨がこちらに興味を示してくれれば何度でも近寄ってきてくれる可能性が あります!

ボートに上がる際、上がった後の注意

鯨が見えなくなったらボートにあがります。 上がる際は水面でガイドを先頭に一列に。 顔を上げてボートの位置を確認してください。

 

■ボートに上がる際はガイドを先頭に一列に並んでください。

■海況によってボートに上がる方法が違いますのでスタッフの指示に従ってください。

■上がる際のロープや梯子に捕まる際に手に持っているカメラを落とさないように注意してください。

■前の方がボートに上がったのを確認してから梯子を上がってください。

■ボートに上がったらご自分の3点セットやカメラをしっかりと確保してください。

■すぐに再度スイム出来そうな場合は立て続けにエントリーする事がありますので、直ぐに入れるように3点セットの準備 をしましょう。

■スーツが濡れた状態で待機時間が長くなる事がございます、鯨との距離を縮めるのに時間が掛かりそうな場合はスタッフ から案内がありますので、ボートコートを着用するなりして防寒処置をとり休憩してください。

■鯨の状況や他船の動きによりお昼休憩時間をスタッフからご案内致しますが、スイムに絶好のチャンスが来た場合はすぐ にエントリーする場合もありますがご自身の判断で昼食をとられても構いません。無理のない範囲でご参加ください。

皆様へご協力のお願い

鯨は自然の生き物です。 必ず鯨を観れる訳ではありません。 鯨の状況や海況によりスイムを断念し ウォッチングに変更する事もございます

■まずは鯨を探す事がスタートです。スタッフ全員で探していますが発見までに数時間かかる事もあります。

■希に1日中、1度も鯨を発見出来ずに終了時間を迎えてしまう事もございます。

▪ 鯨を発見しても、その鯨の状況や海況でスイムするには危険が伴うと判断した場合はスイムは断念する場合も ございます。

■慶良間海域、沖縄本島周辺ではホエールウォッチング船が優先となっておりますので、ウォッチングを行っている ボートがいる場合はスイムは出来ませんので、ウォッチングが終わるまで待つか違う鯨を探しに行く事になっておりま す。

■その日により近くで観察できる事もありますし、反対に少ししか観察出来ない事もございます。

最高の鯨に出会えるよう!皆様に楽しんでもらえるよう!スタッフ全員で頑張りますので 皆様のご理解とご協力をお願い致します。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
keyboard_arrow_up